wantedly_logo
LMNグループの様々な職種を募集中!
リクナビ4
メイション中途採用
mynavi
新卒求人エントリーページへ!
mation
こちらからもエントリー可能です

最新記事GETは【いいね!】をポチ↓↓

Instagram

【プレ花嫁必見】 ドレス選びの楽しみ方


ドレス1

結婚式準備で花嫁が楽しみにしているものの一つといえば、「ドレス選び」ではないでしょうか。

一生に何度も着ることのないゴージャースで華やかな衣装を前に花嫁の心も自然と弾むはず♪ 

ただ、ドレスを試着するために特別な下着を着たり、脱ぎ着自体に手間がかかるなど、ドレス選びにはどうしても時間がかかってしまうのも事実。

そこで今回は、ドレス選びを楽しむためのアイデアを紹介します。

 

ドレス選びは1回では終わらないことがほとんど

 

ドレス2

まず最初に心得ておきたいことは、ドレス選びを1回で終えることは難しいということ。お気に入りのドレスに巡り合うまでには、ドレスショップを複数巡っているという花嫁が多いです。ならばせっかくなので、それぞれの回を別のパートナーと選びに行くことで楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

彼と行くドレス選びの楽しみ方

 

彼にも「かわいい!」と思ってもらうドレスを選びたいと思うのが女心。自分だけでなく、彼の意見も参考にして選んでいきたいですよね。彼と一緒に行くドレス選びの楽しみ方のポイントは、「彼を退屈させない」こと。

 先述したように、ドレス選びにはどうしても時間がかかってしまいます。彼女が着替えている間ずっと待ち続ける彼を退屈させないように、彼の衣装のコーディネートを考えてもらったり、結婚式で取り入れる演出を考える時間にするなど、待ち時間中に彼がふたりの結婚式をもっと楽しみになれるような工夫をしておくのがおすすめです。

 

 

【ファーストミートで彼を驚かせるというアイデアも】

 

ドレス3

ファーストミート」とは、結婚式が始まる前に花嫁姿を始めて彼にお披露目するというセレモニーのこと。結婚式当日までどんなドレスを着るか彼に秘密にしておくことで、当日のお楽しみが一つ増えます。また、結婚式という特別な日に純白のドレス姿を初お披露目することでより印象的なシーンとなり、“とても感動する”という新郎の意見も。

 結婚式でファーストミートを取り入れたいと検討している場合には、ドレス選びは彼以外のパートナーまたは一人で行き、当日までお楽しみを取っておきましょう!

 

 

母親や義理の母と行くドレス選びの楽しみ方

 

ドレス4

ドレス選びに同行するパートナーとして、自分の母親、または彼の義母親と行くという方も多いです。ドレス選びへの同行は、娘を持った母親の特権。まるで自分のことのように夢中になってしまったという母親も多いようです。また彼の義母親と行く場合には、ドレス選びを通して会話が弾み、互いの仲がぐっと深まる良い機会となります。

 母親や義母親と行く場合の楽しみ方は、とにかく母親たちの意見や感想を聞くこと。ああだこうだ言い合うことによって「結婚式の準備に参加している」ことを認識してもらえ、楽しんでもらえることでしょう。

 

 

【母親や親族の衣裳選びも済ませておこう】

 

ドレスショップで親族の衣裳も準備してもらえる場合には、親族用の衣裳もついでに決めてしまえば一石二鳥。衣裳のレンタルを希望するかどうか、事前に確認しておくことで当日スムーズに衣裳選びを進めることができます。

 

 

親友(友人)と行くドレス選びの楽しみ方

 

ドレス5

 

個人的におすすめなのが、親友(友人)と行くドレス選び。互いのファッションへの好みを理解し、好き・嫌いをはっきり言い合える信頼関係ができている親友となら、とても充実したドレス選びの時間を過ごせると思います。またドレス選びに付き添う相手にとっても、大切な親友の花嫁姿を一緒に考えることは嬉しいものとなるはずです。

 

親友とのドレス選びの楽しみ方は、とにかく楽しみながら写真をどんどん撮影してもらうこと。同じ年代の女性同士、どんな風に写真に収めれば良いか、どんな部分を撮れば良いかのツボを心得ていることが多いと思うので、ポイントを押さえた写真を撮影してもらえるはず。もちろん親友同士なので、写真撮影のリクエストも気軽にでき、思う存分ドレスと向き合うことができます。

 

また「かわいい!」と一緒に盛り上がることができるので、ドレス選び中は終始楽しい時間を過ごせることだと思います。自分のことを理解している友人に率直な意見を述べてもらうことで、より魅力的な花嫁姿の自分に近づくことができるでしょう。

 

ドレス選び終了後は、撮影した画像を用いてカフェなどでドレス会議を開くのも盛り上がっておすすめです。

 

 

【親しき仲にも礼儀あり。ドレス選び後のお礼も忘れずに】

 

いくら親友といえども、相手の貴重な時間をいただいていることを忘れずに。ドレス選びにはもちろん喜んで付き添ってくれると思いますが、終了後に夕ご飯やケーキをご馳走するなど、簡単でも良いのでお礼の気持ちをきちんと伝えることが大事です。「あなたのお陰で良いドレスが見つかりそう(見つかった)」という感謝の言葉も忘れずに!

 

 

ドレス選びも結婚式のイベントの一部!

 

今回はパートナー別のドレス選びの楽しみ方を紹介しましたが、彼や親、友人を巻き込むことで、結婚式までのプロセスを一緒に楽しめることが何よりの魅力です。ふたりの結婚式準備、大切な人たちにもどんどん参加してもらって、楽しい準備期間・ドレス選びを実現してください。

Author Profile

Fukino
Fukino
沖縄生まれ、沖縄育ち。気づけば東京生活10年以上。ファッション誌、ブライダル情報誌の編集を経て現在フリーとして活動中。人、旅、自然が好き。

[ 【プレ花嫁必見】 ドレス選びの楽しみ方 ]知恵袋!, , , , , 2016/08/24 18:00